------中村文昭関連リンク------
中村文昭ホームページ
リビングカフェ クロフネ
クロフネ奮闘記
耕せニッポン
----------------------------
今できること
前回の『中村文昭の旅日記』から募集をスタートしました

東北地方太平洋沖大地震への義援金ですが、
(詳しくは前回の旅日記をご覧下さい)

連日、本当にたくさんのお振込みを頂いております。

心から感謝します。

ありがとうございます。

詳しくは後日、改めてご報告させていただきます。






今できること

昨日3月16日、静岡県牧之原市で講演会を行ってきました。

少しでも揺れたら即中止ということでの開催だったのですが、

前の日、地震で大変だったにもかかわらず

400名近くの方が集まってくださいました。


アーティストの方は被災地のために歌います。

スポーツ選手はユニフォームにメッセージを書いてプレイしています。

自衛隊や警察、消防の方は被災地のために走り回っています。

それぞれの方が自分のできることを精一杯やる。

今、その必要性を痛感しています。

僕は講演会を通じて皆さんにお話しすることが仕事です。

僕の阪神大震災での経験談も交えながら2時間ほど

一生懸命メッセージを発信させていただきました。


講演会終了後、主催者様と協力してロビーで募金活動を行ったのですが、

会場に来てくれていた榛原高校のみんなも手伝ってくれました。


講演会の最後に


『今日は会場にたくさんの高校生が来てくれているけど、

“自分はまだ子供だから、大人が何とかしてくれるだろう”

なんて思わないで欲しい。

高校生の君達にだからこそ出来ることがきっとあるから。』



とお話しさせていただいたところ、彼らは大きな声を張り上げて

『募金お願いします!募金をよろしくお願いします!』

と、手伝いをしてくれました。

合計で263,242円の義援金が集まりました。

みなさん本当にありがとうございます

日本中で“今自分にできること”を考え、みんなが行動しています。






今できること

僕は今、北海道で“耕せにっぽん!!”と称して

ひきこもり・ニートと呼ばれる若者達と一緒に

大地を耕し、農業をやっています。

毎年、様々な問題が起こっていますが、

『ネタづくり…ネタづくり…』

と、みんなで励まし合い、愉しみ合いながら乗り越え

昨年、第5期が終了しました。

今年も第6期を5月からスタートしようと準備を進めています。


昨年の第5期のメンバーの中に、ガンダムというアダ名の子が参加していました。

第5期が終了し、ガンダムはいったん家に帰り

第6期もメンバーとしてがんばってくれると電話でも話していました。


彼の実家は宮城県でした。

今回の大地震で彼の住んでいる地域が放映されました。

津波により水びたしになっている画でした。

彼の家は大きな川のすぐそばにあると聞いていたので

無事でいてくれと祈りながらも、そんな気持ちを押し流すかのような

映像が流れ、不安な気持ちが膨れ上がります。

もちろん連絡も取りようがありません。



しかし大地震から6日後、

ガンダムから無事避難できているという一通のメール。

安心から思わず涙が出ました。

まだまだ油断できる状況じゃありませんが

とりあえず命だけでも助かって本当によかったです。






今できること

今回の大地震が起こり、義援金を募って被災地の支援を行うのと同時に

自分達の食べるものを自分達で作ことの必要性を痛烈に感じました。

お金をいくら貯めていようが、どんな地位や名声を得ていようが

大自然を目の前にそれがはたしてどのくらい役に立つのか。

災害に備えるというわけではありませんが、


“生きるために必要な力”

“食べるものを作る力”



それらを若者達と一緒に養っていくことが

今とても必要なことではないかと感じています。


5月から予定通り耕せにっぽん第6期はスタートさせます。

今年も全国から若者を集め、北海道で生きる力を養っていこうと思います。

被災地で亡くなられた方々のご冥福をお祈りしながら、

これから僕たち日本人が生きていく上での

大きな使命だと思っています。


耕せにっぽんでは、あと若干名ですが本気で北海道の地で

農業をやる若者を募集しています。


耕せにっぽん(新事務所)連絡先
※資料をご覧いただきお電話ください。

資料: http://tagayase.com/tagayashitai-boshu.pdf
TEL:0145-26-6880
担当: 東野昭彦



大きな一歩ではなくても

    しっかりとした一歩になるために

[PR]
by fumiakiN | 2011-03-17 15:30 | 緊急告知
<< チャリティーイベント 東北地方太平洋沖地震について >>