------中村文昭関連リンク------
中村文昭ホームページ
リビングカフェ クロフネ
クロフネ奮闘記
耕せニッポン
----------------------------
カテゴリ:感動!( 62 )
これぞ匠の技術か!?
この日本にはいろんな人がいるもんです。

先日、山梨県でお会いしたある人が、

趣味で作っているあるものを見せてもらって

驚愕しました。


これぞ日本人の手先の器用さを物語る作品か!!

匠の世界とはこのような技術の延長なのでしょう。

何の役に立つかは僕にもわかりかねますが、

こんなことできる人、テレビ以外で初めてお会いしました。

c0028076_11422882.jpg

c0028076_11424859.jpg

c0028076_1143747.jpg



興味のある方はこちらのページで詳しくご覧ください。

http://enpitsu.bakufu.org/
[PR]
by FumiakiN | 2012-05-14 11:46 | 感動!
ご縁塾3期生
サンマーク出版さんが4年前から企画してくれている、

中村文昭と学ぶ、人の『ご縁塾』

ってやつがあるのですが、

つい先日の月曜日、第3期の募集を開始したそうです。



そして60名の定員まで達するのに、 


なんと…


わずか2日!!!!


すげぇーーーー



うれしいですねぇ~

ご縁塾には本当に全国から素敵な人たちが集まってくれていて

卒業した後、みなさんがそれぞれ各地で大活躍なんですよ。

そのおかげでしょうね、この集客力は。


1期生の時は定員まで半年かかりました。

2期生の時は1か月半だったそうです。

そして今回2日。

第3期も全国から変な人たちがたっくさん集まってきそうな

においがプンプンしています。





たまりません。

スタートの8月が待ち遠しくてたまりません。

もう定員に達してしまったようですが、毎年数名キャンセルが出るので

キャンセル待ちで今は受け付けているそうです。

もしご希望の方がいらっしゃったらキャンセル待ちでお申し込みください。

サンマーク出版ホームページ

http://www.sunmark.co.jp/




第3期にお申込みいただいたみなさん、

半年後にお会いしましょう。

それまで僕もたっぷり自分磨きしときます。
[PR]
by FumiakiN | 2012-03-08 16:26 | 感動!
出雲大社の神迎祭
11月6日、島根県で講演会でした。

時間の都合上、前の日から島根県入りしたのですが、

なんと島根県入りしたその日が出雲大社の大きなお祭の日だったのです。

これも何かのご縁だということで、ぜひその神事に参加したかったのですが、

急な打ち合わせが入り、島根県に入れたのは夜中の12時近く。。。

残念だ~



一般に旧暦10月は神無月っていいますよね。

これはこの日に全国から八百万の神が出雲大社に集まっていらっしゃるから

『神が居なくなる月』という意味で神無月なんだそうです。

でも島根にしてみれば全国から神様がいらっしゃる月なので

『神在月(かみありづき)』って言うそうです。



11月5日は、出雲大社近くの稲佐の浜にて神様方をお出迎えする

“神迎神事”が行われるらしく、僕はそれを見に行きたかったのですが

願いかなわず…まぁ今はタイミングじゃなかったということでしょう。

そこで友人から写真だけ送ってもらいました。

c0028076_1736892.jpg


何か神秘的でしょ。

来年はいけるといいな…難しいかなぁ~



次の日の中学校での講演の後、出雲大社によってから帰ろうと思い

出かけようとしたら学生達が一緒に行くということで

一緒に参拝してきました。

記念に一枚パシャ!

c0028076_1741843.jpg

[PR]
by FumiakiN | 2011-11-09 17:41 | 感動!
鹿児島弾丸ツアー!
ちょっとご報告が遅くなりましたが…

先日、鹿児島県でイベントがありまして行ってきました。

このイベントというのはサンマーク出版さんが企画してくださっている

ご縁塾の卒業生の皆さんが企画してくれたもので、

イベントの次の日は鹿児島の知覧に行ったり、

屋久島に行ったりと、鹿児島を満喫する旅でもありました。

マネージャーの案ちゃんも一緒に行ったんですが、

案ちゃんも大感動の3泊4日を過ごせたと喜んでいました。

このツアーを企画してくれた鹿児島の薩摩会の皆様に本当に感謝です。




さて、今日はその1日目のイベントのご報告です。

サンマーク出版の鈴木さんが、今回初メガホンを取って

『SWITCH』というドキュメンタリー映画を作成されました。

その上映会+僕と鈴木さんとの対談というのが、

今回のイベントの内容だったのですが、600名を超える方に

会場に足を運んでいただき大盛況でイベントが行えました。




この『SWITCH』という映画ですが、世界的な遺伝子学の権威でもある

村上和雄先生のドキュメンタリー映画です。

“遺伝子学的にみて、人間には無限の可能性がある”

という内容なんですが、

村上先生いわく、


『人間のひとつの遺伝子の中には、辞書にして換算すると、

1ページ1000文字×1000ページの辞書があったとして

その辞書3200冊分の情報が入っている』



らしいです。

その数字も多すぎてよく分かりませんが、

人間は死ぬまでにその2~3%ぐらいしか使わないんだそうです。

ん~もったいないですねぇ。


2~3%しか使ってないのに、

『自分の実力はこんなもんだから。』

とか

『絶対に無理だよ。』

とか言ってはいけないんです。

残りの97~98%のうち、数%でも発動すれば

今まで不可能だったことが簡単に可能になってしまうんですから。



ところで…

自分の祖先のことって考えたことありますか??

両親は2人ですよね。

おじいちゃんおばあちゃんは4人です。

そうやって考えて、10代さかのぼると

ひいひいひいひいひいひいひいひいおじいちゃんおばあちゃんは

1024人もいることになります。

そのさらに10代上になると104万人以上の祖先がいることになるんです。

横並びだけでその数ですよ。

その誰か一人でもかけていたら自分はこの世に存在していないんです。

今存在している自分の遺伝子の中には、そんなにたくさんの祖先から受け継がれてきた

情報が組み込まれているんです。



そしてこの映画の面白いところは、見た人によって感想が様々だということです。

答えの出ていない映画なんです。

監督の鈴木さんが言ってました。


『本っていうのは基本は一人で読むものですよね。

世の中がこれだけデジタル化してきた時代だからこそ、

もっとアナログ的な、人と人が考えて対話し合う場が

必要だと考えるようになったんです。

出版社としては異例のことなんですが、そういったアナログの場を

何か提供できる方法はないかと考えたとき、この映画ガ生まれました。

この映画は見終わった後に参加者の皆様が

お互いの感想を交換し合うような場を作ってもらいたいがために

作った映画なので、あえて答えは用意しなかったんです。』




僕はこの映画を見て、昔のことがブワーっと蘇ってきました。

特に強烈に蘇ってきたのは、母親からの言葉です。

今の僕の土台の多くは間違いなく母親に作ってもらいました。

遺伝子を受け継ぐというと分かりにくいかもしれませんが、

母親がやってきた子育てを通して僕は遺伝子を受け継いできたんだと思います。

僕はこの映画を見てあらためて両親に感謝することができました。


映画の後の鈴木さんとの対談も実に盛り上がりましてね。

普段しゃべらない話もバンバン飛び出しました。

また鈴木さんって人は僕の話しを引き出すのが上手なんですよ。

大盛り上がりのまま、夜の11時からの懇親会もそれ以上の盛り上がりをみせました。

まぁ鹿児島の人はよく飲みます。




この『SWITCH』の上映会の情報などを知りたい方はこちら。

http://www.sunmark.co.jp/switch/


近隣で開催されるときはぜひ見ていただくことをオススメします。

近くで開催の予定がない人は主催者をするといいですよ。

サンマーク出版さんに問い合わせると上映の仕方など

詳しいことを教えてくれます。

サンマーク出版ホームページ

http://www.sunmark.co.jp/

サンマークさんのホームページのポッドキャストに

近々この鹿児島弾丸ツアーのときとったものがアップされると思いますので

それもぜひ聞いてみてください。



この『SWITCH』は僕が自信を持ってオススメできる映画です。
[PR]
by fumiakiN | 2011-05-31 17:49 | 感動!
教育立志会
8月のご報告です。

もう9月も中旬なのになんとのんびりしていることでしょう。

ご勘弁を…


8月のお盆明け、兵庫県で開催された1泊2日の研修イベントに講演会で行ってきました。

この会は教育立志会といいまして、中心人物は兵庫の僕の大好きな先生、

西村先生です。

西村先生は第1回のあこがれ先生プロジェクト!に出演してもらった先生で、

その後も、ありがたいご縁をつながせていただいてます。

このイベントは、西村先生が全国の現職の教員の方々に呼びかけをされて

先生方の勉強会という内容でした。

全国から集まった先生方は60名ぐらいいらっしゃいましたでしょうか。

たくさんの熱~い先生方の集まりでした。

当然会は盛り上がり、夜も遅くまでいろんな方といろんなお話をさせていただいて

すごく楽しかったです。

明るい日本の未来を感じましたねぇ~。

西村先生もすごく素敵な先生なんですが、この会に参加された皆様も

すごく素敵な人たちばかり。

会の最後で参加者のみなさんから西村先生にサプライズが待っていました。



コチラ

c0028076_2046893.jpg

感謝状です。

受け取った西村先生はびっくりしたのと嬉しかったのとで

大泣きしていました。

男泣きって、僕はすごくかっこいいもんだと改めて思いました。

参加者も感動、主催者も感動。

その場にいた全員が周りに感謝するという、とっても素敵な時間を一緒に過ごせました。


感謝感謝…
[PR]
by fumiakiN | 2010-09-14 20:49 | 感動!
ミネハハが宮川村にやってくる
みなさんはミネハハというソロボーカリストを知ってますか?

『CMソングの女王』と言われる彼女は、

顔や歌はそんなに広く世間に知れ渡っているわけではありませんが、

日本中のほとんどの人が必ず一度は彼女の声を聞いたことがあると思います。


代表的なところで言うと、

『JR~東海~♪』

新幹線が走っている後姿にそっと投げかけるような声のあれです。

もうひとつ

『ポン~ジュ~ス~♪』

昔から流れている愛媛のあのジュースのCMです。


その他にもたっくさんありまして、その数なんと3000曲以上だそうです。

そんなミネハハさんは世界中でボランティア活動なんかもやっていて、

てんつくマンの活動にもいろいろ協力したりしています。

彼女が歌う『ありがとう地球』なんて、僕は聞いてて涙が出ます。


そんなミネハハさんが、今度僕の実家のすぐそばでコンサートをするそうです。

周りが山だらけの宮川村ですから雰囲気はばっちりだと思います。

ぜひみなさん足を運ばれてください。

以下詳細です。

==========================
ミネハハ・コンサート
~宮川の清らかな水と緑に響く 魂の歌声~
c0028076_1314130.jpg

【日 程】 4月17日(土)

【時 間】 13:30~開場 14:00~開演

【会 場】 領内地域総合センター体育館(旧宮川村立領内小学校)
       多紀郡大台町小滝151
      TEL:0598-77-2086
      ※大台警察署から車で約20分

【入場料】 大人¥2,500(当日¥3,000) 高校生以下¥1,000(当日¥1,500)

【主 催】 ゆかい
       左近:090-7855-4988
          Tom-sawyer.3591.@docomo.ne.jp
       前田:090-5107-6982
       三浦:090-6464-3829
==============================

お友達の手を引いて、ぜひお越しください。
[PR]
by fumiakiN | 2010-04-08 13:14 | 感動!
耕せにっぽんPV
都会のひきこもりくん・ニートくんを集めて北海道でやっている

“耕せにっぽん!”ですが、2009年もたくさんの失敗と笑顔と

感動に出会うことが出来ました。


本当に手探り状態から始めたのが4年前。

よくここまできたなと思います。

今年一番嬉しかったことは途中脱落者が一人も出なかったことです。

みんないろんな問題を抱えた子達ばかりですが、本当にがんばってくれたんです。


さて、そんな彼らの畑での様子や生活している様子は

講演会で僕がよくお話しするんですけど、実際映像で見てもらうと

もっとあの苦労や感動が伝わるんじゃないかということで

映像を作ってみました。

耕せにっぽん!2009年PV PART1
http://www.youtube.com/watch?v=sMxcFw1rGWM

耕せにっぽん!2009年PV PART2
http://www.youtube.com/watch?v=QSIINJ-4Ed4


彼らは農業を通して、仲間の大切さや命を育むことの大切さなどを

肌身で感じています。

種蒔祭や収穫祭などもやっていまして、毎年全国からお手伝いに

たくさんの方が来てくださいます。

みんなすてきな笑顔をして帰っていかれます。


今年も4月から北海道の大地にクワを入れます。

ぜひ応援してください。
[PR]
by fumiakiN | 2010-02-28 10:24 | 感動!
笑助人
先日、長野県の原小学校に講演会に行ってきました。

周りに自然がいっぱいの田舎の小学校だったんですが、

ここの小学校のテーマというのがすごく素敵なものだったのでご紹介します。


『“笑助人(えじょじん)”を探せ!』


というのがこの小学校のテーマです。

“笑助人”というのは周囲の人を笑顔しにている素敵な人のことだそうです。

世の中に笑助人はいないか、自分達の周りに笑助人はいないか、

とみんなで探し、交流の場を作っていろんなことを教えてもらったりしているそうです。

すごく素敵な取り組みだなぁと思いました。


この小学校に僕が大好きなシンガーソングライターの美咲ちゃんも、

呼ばれたそうです。

そこから僕の事を知り、ぜひ原小学校に来てくださいと依頼を受けました。

これは講演会が終わってから聞いた話しなのですが、

僕を呼ぶためにかかるお金を子どもたちと学校がバザーを開いたりして

お金を集めてくれたんだそうです。

“笑助人を探せ!”は“自分達も笑助人になろう!”が、続くテーマなのでしょう。

確かにみんなすごく素敵な笑顔でした。


この日、駅まで先生に迎えに来てもらって学校についてびっっっくりしました。

僕を待ち構えてくれていたものは…



↓↓

↓↓↓

コチラ



↓↓

↓↓↓




c0028076_114532100.jpg

ちょっと分かりにくいかなぁ…

なんとこの日のために作られた運動場特設スケートリンクです。

講演会前にみんなで滑ったんですが、やはり山っ子は上手でした。


こんなことが小さい頃から習慣化していれば、

大人になってからも人にサプライズを仕掛けるとか、

相手の予測を上回るなんてことは当たり前に出来てしまうでしょう。

これを学校で取り組んでいるのはすごく素敵なことだなぁと思いました。
[PR]
by fumiakiN | 2010-02-08 11:49 | 感動!
ご縁塾
一昨年、サンマーク出版さん主催で

“人のご縁塾”

という私塾を開催しました。

一ヶ月に一回、東京の会場に、北は北海道から南は鹿児島まで

本当に日本全国から40名以上の参加者が集い、

半年間みっちり“ご縁”というものについて学びました。

この半年間を通じて僕も多くの学びを得ましたし、

何といってもこの40数名が終わった後、頻繁に連絡を取り合って

たびたび会合を開いたり一緒に旅行に行ったりと、

楽しみながらつながり合ってくれています。


ご縁塾が終了した後、みんなで卒業旅行で鹿児島に行ったそうです。

知覧へ行き、特攻平和会館などを見てみんなでいろんな話しをしたそうです。

本当に卒業旅行というか修学旅行ですよね。

今自分達に何が出来るか、自分達はどう生きていくべきかなど話し合い、

知覧の地に献灯をしてきました。

c0028076_11463374.jpg

c0028076_11464683.jpg

何かこういうことがやれる大人になってから出来た仲間っていいですよね。

男性は特に大人になってからの友人って仕事にがんばればがんばりすぎるほど

作るのって難しくありませんか?

学生時代の友人ではなく、仕事仲間でもなく、仕事もプライベートも含めた

深い今の話ができて、大笑いできる仲間はなかなか得られるものではありません。

月に一回東京に集まって3時間ほどみっちりやった講義より

この仲間を得れたことが、この“ご縁塾”に参加したことの一番の収穫ではないでしょうか。

サンマークさんは何度も頻繁にやる予定はなかったそうなんですが、

『ぜひもう一度』とのお声をたくさん頂戴しているらしく、

今年、第2回を開催することになりました。

まだ大々的に募集をしているのではないようですが、

詳細が知りたい方は下記アドレスまでメールしてください。

seminar@sunmark.co.jp


さて、今年はどんな方とのご縁ができるでしょうか…
[PR]
by fumiakiN | 2010-02-06 12:01 | 感動!
すてきなすてきな先生のお話…③
さぁ、今日は最後に登場してもらう戸田先生のお話です。

戸田先生をご紹介するには、まず去年出演していただいた

西村先生のお話をさせていただきますね。


西村先生は4年ほど前に僕の講演会を先生の地元で開催してくださいました。

先生の地元はすごく田舎町なんですけど、たくさんの人が来て下さいました。

始まる前に喫煙所でたまたま隣にいた人に

『先生が主催っていうこと自体珍しいのに、こんなに人が集まってくださるなんてすごいですね。』

ってお話ししたら、

『この町であの先生がやることに協力しない人間はいませんよ。』

って言われたんです。


西村先生が赴任していた学校は1学年1クラスの小さな学校でした。

西村先生が受け持った学年には、一人の特別支援が必要な生徒がいました。

彼は生まれつき体も弱かったため家と学校の往復は、それまでずっと親の送り迎えがあり

通学していたのですが、先生が受け持つようになってから

帰りは西村先生が一緒に歩いて帰ったそうです。

片道1時間半…を3年間。

雨の日も、風の日も、雪の降る日も休むことなく一緒に歩いたそうです。

それを見た町の人たちがその生徒のがんばりに勇気付けられ、

それを見た同級生達が、僕らに何かできることはないかと協力し、

その生徒を中心に町を含めたみんなが協力し合うようになったのだそうです。


そんな西村先生の活動を教頭という立場でサポートしてくださってたのが

今回出演していただく戸田先生なんです。

いろんな新しい事をやろうとすると、まずストップをかけるのがその上司であったり

団体のトップであったりすることは、学校に限らず会社という場所でも

そうなのではないでしょうか。

戸田先生は、何かを教諭の先生方が始めようとするとき

『クラスをどうしたいのか、学校をどうしたいのか、地域をどうしたいのか、

日本をどうしたいのか』

ということを一緒に考えているのだそうです。

思いつきであれやってみたいこれやってみたい、というものを

簡単に何でもOKするのではなく、一緒にじっくり考えて

いい方法を作り上げて、実行するときはすごい力でサポートしてくださるんだそうです。


西村先生のときも、表向きには西村先生が起こした小さなムーブメント

となってますが、僕はきっと後ろに戸田先生という大きなサポートがあってこそ

できたんじゃないかと思ってます。


戸田先生とお話ししているとすごく温かく、みんなのお母さんのような先生です。

ときには厳しく、でもいつもニコニコ優しくて、頼りがいのある強~いお母さんです。



先日、戸田先生の紹介VTR撮影に行ったとき、同じ学校で働く先生方の

お話しなんかが聞ければ嬉いなぁと思ってたところ、

同じ職場の先生、そこの学校のPTAのみなさん、前の学校の先生方、

前の学校のPTAのみなさん、親戚の方、そしてなんと近所の交番の

お巡りさんまでもが駆けつけてくれてました。

みんな戸田先生のことをアピールしたい!と自主的に集まってくださったみなさんです。

その日は足を運べないから、手紙を書きます、メールします、

という方もいらっしゃいました。

『私たち戸田先生の親衛隊です!』

といってみなさん戸田先生の素晴しさを思う存分話していかれました。

学校のことだけじゃなく、地域の活動にも積極的に参加されている戸田先生は

町のどこに行っても、誰からでも愛されています。


戸田先生は

『校長室はサロンのようであればいいと思う』

と、おっしゃっていました。

僕の記憶なんかでは校長室ってなんだか入りにくい雰囲気あったんですよね。

でも戸田先生の校長室には先生方や生徒がいつも遊びに来るそうなんです。

先生は毎朝校門に立ち、登校してくる子どもたちに『おはよう!』と声をかけながら

握手をするそうです。

また、授業をやっている教室に行き、授業参観をしたりしているのだそうです。

校長先生と生徒が距離が近いってすごく素敵なことだと思いました。

戸田先生のお話を、ぜひ現役の校長先生や教頭先生に聞いて欲しいと思ってます。
c0028076_1645949.jpg



以下“あこがれ先生プロジェクト!!”の詳細です。

====================================

第2回
あこがれ先生プロジェクト!!in 三重


【日程】 2009年11月8日(日)

【時間】 13:00~16:00 (12:00開場予定)

【会場】 三重県総合文化センター 中ホール
      三重県津市一身田上津部田1234
TEL:059-233-1111(代表)

【料金】 教育関係者:無料  一般参加:¥1,000

【お申し込み・お問い合わせ】
名前・住所・電話番号・職業・希望チケット枚数
をご記入の上、FAXもしくはE-mailにて下記までお申し込み下さい。
チケットとお振込用紙をお送りいたします。
※教育関係者はチケットのみ。

(有)クロフネカンパニー
担当:案浦 豊土(アンノウラ トヨト)
TEL:0596-36-7800 FAX:0596-36-7575
E-mail:kurofunet_dna@yahoo.co.jp

※多数のお申し込みが予想されるためお早めにお申し込み下さい。
=====================================

先生とはこうあらねばだめだ、というものはないと思います。

それぞれの先生のそれぞれのやり方でいいと思うんです。

でも戸田先生のお話を聞いていると、子供達が大好きで

一緒に働く先生方が大好きで、自分が働いている地域が大好きで

というのがものすごく伝わってきましたし、そこが一番大切なんだろうなと

思いました。


みなさんぜひ会場で戸田先生の生のお話を聞きにきてください。
[PR]
by fumiakiN | 2009-10-28 16:58 | 感動!