------中村文昭関連リンク------
中村文昭ホームページ
リビングカフェ クロフネ
クロフネ奮闘記
耕せニッポン
----------------------------
<   2005年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
もう3回目です お墓参り
山口県萩市です
萩に来たらやっぱり吉田松陰さんでしょう
幕末、日本の将来を憂いて命がけの数々の行動に感謝と頭の下がる想いです
襟を正してお墓参りさせてもらいました
c0028076_1492779.jpg

吉田松陰さんの残された言葉や詩はたくさんありますが
下記の1つはぜひ覚えておいて欲しいですね
”身はたとえ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留めおかまし 大和魂”
志なかばでこの世を去りますが彼の残した生き様の手本は幕末の志士達の大いなる
模範となったことでしょう・・

ご興味あれば読んでください
心が熱くなります
「世に凄む日日」司馬遼太郎
[PR]
by fumiakiN | 2005-02-07 21:50 | 発見!
屋久島PART2
この人が岳南さん
はっきり言ってすごい人・・んでちょっと・・? ん・・かなり変わってる・・?

c0028076_063696.jpg


初めて屋久島に行ったのは昨年の春でした
種子島に講演で行ったついでに世界遺産を肌で感じたくて足を伸ばして屋久島へ
案内をしてくれた方に「屋久杉を使った何か調度品を・・」と催促するのですがなかなか見せてくれません一通り屋久島を案内してくれた最後に岳南さんの工房へ案内してくれました
ほとんど口もきいてくれず見るからに変わり者・・
しかし置かれてる作品に開いた口がふさがらなかったです・・圧倒されました
あまりの素晴らしさに・・
そこで中村 「お客様の都合で作品を作られるんですか?」
岳南 「なんでたかが何十年の人間が何千年の屋久杉に注文をつけれるの・・」
中村 ギャフン
屋久杉は立ってるうちは世界遺産、しかし倒れると皆が入札で取り合って形を変えて
生まれ変わる
岳南さんは庭で25年~30年自然乾燥させてから手を入れるという
その時その屋久杉とどう生まれ変わらせるか会話をするらしい
同じ日本でも都会では感じることの出来ない時間の流れ、そして普通の基準
岳南さんから学んだ多くの事はここでは表現しきれません
詳しくは”お金でなく・・・2”にとても詳しく書いてます
ゴールデンウィーク前後に発売予定です
または4月7日大阪Ryo-ma倶楽部で親友の谷くんと対談形式で岳南さんから学んだ
多くのことを二人で語ります
消化不良ですみません
あまりに多くの大切なことを学んだものですから・・・
[PR]
by fumiakiN | 2005-02-03 00:04 | 感動!
屋久島PART1
マイナス20度の北海道から沖縄に移動してその後は屋久島に移動しました
屋久島は講演ではなく”お金でなく人のご縁ででっかく生きろ 2”の為の取材でした
親友の谷くんを強引に連れての屋久島でした

c0028076_23531683.jpg


観光は少ししかできなかったですが数少ない一枚です
屋久杉の中ではめちゃめちゃ細い杉です・・でも太い
取材のメインは日高岳南という人にインタビューするのが目的でした
屋久島PART2で岳南さんを紹介します
[PR]
by fumiakiN | 2005-02-02 23:50 | 感動!