------中村文昭関連リンク------
中村文昭ホームページ
リビングカフェ クロフネ
クロフネ奮闘記
耕せニッポン
----------------------------
<   2005年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
講演会情報です(名古屋)
名古屋で一般参加可能な講演会を企画してくれました
9月13日・・ご興味のある方は下記を覗いて見てください
お申し込みは http://bracingjapan.livedoor.biz/archives/50029663.html
[PR]
by fumiakiN | 2005-08-30 01:48
毎日見てたら大きな事を考えるでしょう・・
8月6日
鹿児島に講演でお邪魔しました
始まる直前何気なくブラインドを上げてみると
ビルの窓から見える桜島・・
あまりの美しさと雄大さに感動しました
c0028076_0243188.jpg

去年の夏、長渕剛のオールナイト桜島コンサートにも来てた僕ですが
いつ見ても雄大です
高さより大きさより肌に感じる雄大さが凄いです
子供の頃から毎日見て育ったら”太か人間”になるでしょうね
歴史上に偉人が多く出たのもうなづけます

余談ですが”貝を買って来てくれたかい?”という疑問文を
鹿児島弁でしゃべると早口で
”けけけけ”って言うんですよ
外国語以上でしょ
タモリの言う”とっとっと”より”すうすうす”より凄いです。
[PR]
by fumiakiN | 2005-08-09 00:36 | 美しい!
読書のすすめ 清水店長です
8月1日
名古屋Ryo-ma倶楽部の主催で清水店長と対談をやりました
以前このブログでもたくさんの僕の本をおいてくれてるのでビックリ・・と紹介しましたが
今回は対談です
清水店長には読書の大切さを少し講演していただき参加者はその後グループ討論です
”私が突き動かされた一冊の本”について語ってもらいました
グループで発表してもらい僕と店長がそれにボケたり突っ込んだり・・と
楽しく過ごしました
c0028076_0143582.jpg

愛知読書普及協会の皆さんの協力もいただき大盛況で幕を降ろしましたが
本番は酒が入ってから・・
清水店長は酒が入って、べらんめえ口調がでてから特にオモシロイんです
どこかで巡り会ったら
”まず飲ませてみよう”
この洒落が解る人はかなり清水通・・・・
[PR]
by fumiakiN | 2005-08-09 00:21 | 面白い!
小豆島 PART1
7月30~31日大阪Ryo-ma倶楽部の夏の企画で小豆島の素敵な人達に
また会いに行ってきました。
前回お世話になった旭屋旅館の岡田さんはじめ皆さんに無理をお願いして、夕方着くやいなや夕日の綺麗な浜辺でバーベキュー、たくさんお肉(鹿肉もあったよ)、海の幸、野菜に加え、流しそうめんまで用意してくれてたんです
とても楽しい夕食を過ごすことができました。
そのあとには、やってまいりました、恒例のサプライズ・・・
それは、どでかい花火です
今あなたが想像したより、はるかにでかい花火です
とても静かで穏やかな小豆島の夜が一瞬にして・・・夜空にとどろくカムロ菊
c0028076_23551984.jpg

旭屋旅館にもどってからは、修学旅行のようにたくさんの布団を一部屋にひいてもらい
童心に帰る思いがしました
まっ早く寝るとティッシュのこよりで鼻をいたずらされたりで大変でしたが
楽しい一夜を深夜まで過ごしました
[PR]
by fumiakiN | 2005-08-09 00:01 | 感動!
小豆島 PART2
バーベキューの後は私が持参した、どでかい花火で盛り上がり
いよいよメインイベント野外ライブです
小豆島に生まれ育った飛多さんと三枝さんは音楽が大好きで作詞、作曲も
なさるミュージシャンです
愛する小豆島の詩を作って観光客にも披露してるんです
そのお二人から私達は幸せの形を教えてもらったような気がします
都会で暮らすのと対象的に、のどかな小豆島で昼に夜にと仕事をして音楽活動を
本当に楽しんでやってる姿に触れ
幸せを感じるために生きている・・という雰囲気が
ありありと伝わるんです
c0028076_23275814.jpg

何曲か聞かせてもらった中で僕が大好きな一曲を紹介します
河島英五のファンだったおばあちゃんが作詞して河島英五のラジオに詩を送ったら
曲をつけてくれたそうです
ライブの時よく歌ってたそうですがメロディに合わせて聴くと思わず涙が出てくる
素晴らしい詩です
下記に歌詞を紹介します・・・

”おばあちゃんのひとりごと”

うちのふるさとは小豆島
十七年前の六月に
うちのつれあいは天国へ
さっさと一人ゆきました

古くて広い家に
うちは一人ぼっち
街に行った息子や娘たち
こっちにおいでと呼んでくれた

ふるさとすてるのは哀しいけれど
一人暮らしの寂しさよりも
かわいい孫たちに囲まれて
寂しさまぎらす人生もいいだろう

街に来てから十五年
今じゃ街のおばあちゃん
年に二回のふるさとがえり
後何年帰れるだろう

そんなおばあちゃんのひとりごと
あぁ 恋しや小豆島
そんなおばあちゃんのひとりごと
あぁ 恋しや ふるさとよ
[PR]
by fumiakiN | 2005-08-08 23:51 | 感動!