------中村文昭関連リンク------
中村文昭ホームページ
リビングカフェ クロフネ
クロフネ奮闘記
耕せニッポン
----------------------------
あこがれ先生プロジェクト!!…感謝感謝
12月5日、

約1500名の方に足をお運びいただき、

第3回あこがれ先生プロジェクト!!in三重

が、大盛況のうちに終了しました。


当日ご参加いただきました皆様、

本当にありがとうございましたm(__)m

大学での開催ということで、駐車場の数が少なくて

遠方からお越しの皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。

またその影響で開始時間が10分ほど遅れてしまいましたことも

お詫び申し上げます。


ちょっと遅くなってしまいましたが、当日の報告です。



c0028076_17244655.jpg


12月5日、この日を天も待ち望んだかのような快晴でした。

朝から会場に集合し準備にみんなでドタバタしました。

c0028076_17303621.jpg


今回、びっくりなことがたくさんありまして、ボランティアスタッフとして、

現役の先生方が30名ほど参加をしてくれました。

c0028076_17324941.jpg

c0028076_1734266.jpg


プラス一般ボランティアのスタッフとしてお手伝いいただいた方

20名ほどで、総勢50名ほどのお手伝いの方にご協力いただき、

当日を迎えることができました。

本当にうれしかったです。

職業の業界を越えて、ひとつの目的にいろんな方が協力をしてくださいました。

この形こそ、最初に大嶋君と思い描いていたものだったんです。


そして、びっくりしたというか感動したことなんですが、

朝集合してくださった先生方が、

誰が始めるともなく、会場の周りのゴミ拾いをしてくださってたんです。

c0028076_1755193.jpg

c0028076_17554876.jpg


本当に先生方の志の高さというか、熱い思いというか

こういう細かなところに出るもんだなと本当に感動しました。


実は前日の4日の夜に、前夜祭をやったんですが、

そこの場でも、お店でご飯を食べた後、自分達が食べた後の食器を

全て重ねてお店のスタッフさんが一回で運べるように

と、全員で後片付けをされていました。

こんな先生方がいてもらえるだけで、日本の未来は明るいと思えました。


…実はこの前夜祭がものすごく盛り上がりまして、

熱い熱い先生方の想いに触れた僕は、

自分まで腹の底から熱~くなってきまして、

興奮して眠れなかったんです。

文章ではこの熱さがなかなか伝えられないのが悔しい。。。



それぞれの持ち場に分かれて皆さんをお出迎えする準備。

スタッフの皆さんも張り切ってます。

c0028076_18285498.jpg
c0028076_18291286.jpg


控え室で原田先生と打ち合わせしていると…

先生から出てくる話しが面白い面白い。

この人はただの先生じゃありませんね。

今更ながらですけど。

次々出てくる話しが感心する話しばっかりで、

思わず先生にちょっと待った!をかけて、

ポッドキャスト用に取り直しました。
c0028076_18352940.jpg

c0028076_18355853.jpg

もうすぐサンマークさんのポッドキャストにアップされると思うので聞いてください。

サンマーク出版ポッドキャスト

http://www.sunmark.co.jp/podcast/fumiaki/



さてさて、開演30分前。

外にはすでに200名ほどの長蛇の列が!
c0028076_18371116.jpg


そして会場は前の方からどんどんうまっていきます。
c0028076_1838555.jpg


最初のあいさつを僕がした後、
c0028076_18441988.jpg

もう一人の発起人、大嶋君には今回日直をやってもらい

始まりのあいさつを元気よくやってもらいました。

まあ、それにしてもこの男はこういうことをやらせると

天下一品です。

見事に会場にいる方全員が本気の大声であいさつをしたとき、

ビックバンのような衝撃波がステージ上の僕らに伝わってきました。
c0028076_18445484.jpg
c0028076_18451684.jpg

熱い!始まりから本当に熱い!!



1限目は原田隆史先生の授業でした。
c0028076_18461118.jpg


大阪で現役で先生をやってらっしゃったときのエピソードや、

日本一の陸上選手を何人も輩出された原田先生のお話は

笑いあり、涙ありの90分が本当にあっという間の講義でした。
c0028076_18481511.jpg


今回、学生の方の参加も多く、部活をやってる中学生・高校生は

真剣にメモを取りながら原田先生の講義を聞いていました。
c0028076_18495664.jpg




休憩を挟み、本気のジャンケンで隣の方と原田先生の話を共有してもらい
c0028076_18584272.jpg

c0028076_1859740.jpg


2限目は、原田先生と僕と大嶋君で先ほどの原田先生の講義を掘り下げました。
c0028076_1902884.jpg


3限目は、北九州から来ていただいた、現役の校長先生

江口満先生に加わっていただき、『リーダーシップとは?』という

題名でトークライブを行いました。
c0028076_1921465.jpg
c0028076_1923580.jpg


この江口先生がまた北九州弁丸出しの、すごくお話しの上手な先生で、

生徒の縁の下の力持ちをやっている先生方の、縁の下の力持ちの仕事を

されていて、先生の日ごろの活動を聞いていると、

江口先生のいる尾倉中学校の先生方は、純粋に『先生業』をやれるんじゃないか

と思いました。

『責任は全部おれがとるから。』

江口先生はそんな校長先生だそうです。



最後に会場の皆様との質疑応答の時間を設け、
c0028076_1963279.jpg

c0028076_1972057.jpg

(時間の関係で質問できなかった皆様、申し訳ありませんでした。。。)

イベントはいよいよフィナーレへ。


第1回、第2回のときに出演していただいた先生方も会場に来てくださっていて、
c0028076_1992074.jpg

現在の先生方の活動報告なども少ししていただきました。

そして、今回お手伝いいただいたボランティアスタッフの先生方にも

壇上に上がっていただき、それぞれの勉強会などの案内をしていただきました。
c0028076_19121394.jpg

c0028076_19125286.jpg

三重県ではこんなにたくさんの先生方が本気になって動いてくださいました。

ぜひこの火種は全国にバンバン飛び火させようと思っています。

その第1発目、3月19日に北九州であこがれ先生プロジェクトをやります。

主催をかって出てくれたのは、体系の似たこの二人。
c0028076_19142020.jpg


北九州で現役の高校の先生方です。

九州人はただでさえ熱いですからねぇ。

九州方面の熱い先生方、

この日は予定を空けて、北九州に集合しましょう!


そして、今回の会場になった三重大学の大学生も

今回たくさん参加してくれました。
c0028076_19175068.jpg


彼らの中のある団体の活動報告もしてもらい、

最後はやっぱりこの男の熱い、熱~い終礼で会は終了しました。
c0028076_19191484.jpg


胸に手を当て、明日からの教室での生徒とのことを思い浮かべ、
c0028076_1920108.jpg


本気で大声を出し、『YES,WE CAN!!』と、叫んでいる先生方を見て
c0028076_1923472.jpg

涙が出ました。
c0028076_1924956.jpg

熱い熱い思いを持った先生方の

本気の熱がステージにバンバン伝わってきて、

会が終了し、会場を出て行かれる先生方の背中を見ていると

そこには

『やってやるぞ』

という文字がはっきり見えました。




教育現場が崩壊しているとニュースでは流れます。

先生の不祥事のニュースもよく目にします。


しかし、それだけを見て

『今の教育現場は何やってるんだ!』

なんて言わないで欲しい。

その後ろにはもっとたくさんの

コツコツがんばっている先生方がたくさんいる。

そんな先生方を支える学校がたくさんある。

一緒に協力してくれる保護者がいる。

温かい地域がある。



僕らは僕らのやれることをやっていこうと思います。

直接子ども達に指導したりはできませんが、

このイベントを継続させていくことだったり、

日本中に広めていくことだったり、

企業の人間ができること、企業の人間だからこそできることを

やっていこうと思います。

原田先生に言われました。

『一度関ったら、とことん付き合ってもらいますよ(笑)』

とことんつき合わせていただきます。


同じ想いをお持ちの企業の方、先生方、保護者の方、

互いを非難するのではなく、

皆で一緒に大きな一歩を踏み出しましょう。

c0028076_20515436.jpg




 一寸先は“闇”ではない

    一寸先は“光”である!
   

                 原田隆史
[PR]
by fumiakiN | 2010-12-15 21:02 | イベント報告
<< 大阪での講演会 最終告知です >>